看護師 転職 人材紹介会社 ランキング

看護師転職なら高待遇、好条件の多い非公開求人情報集めから

 

看護師転職

名古屋市及び近郊で高待遇、好条件転職するなら
非公開求人情報を比較閲覧できる

 

無料の看護師人材紹介会社を活用することが
転職成功への近道でしょう。

 

希望の多い求人としては、例えば

 

給料が500万以上、600万以上、年収が高い病院
 :年収620万、寮完備、24H保育所有の病院
 :年収650万、治験モニター業務、土日祝休み
 :年収580万、24H託児所完備、新築の病院
 :月収41万で残業なし、プライベート充実

 

休みが確定している病院
 :日勤のみで土日休みのクリニック求人
 :土曜午後、土日祝休みが外来業務求人
 :プライベート充実、オンコールなしの訪問看護

 

などが多いのです。

 

しかし、上記のような医療機関求人募集定員が少なく、大変ナ人気があり、一般公開しては応募が多くなりすぎるために、「会員のみの非公開求人」として公表されませんので一般の人は閲覧もできません。

 

人気の非公開求人を閲覧し、応募するためには、無料会員登録が必要条件となります。
しかし、登録したからといって必ず応募したり、すぐに入職しなければならない訳では有りません。

 

なんとなく変わりたいと思っている人は取り敢えず無料登録しておきましょう。

 

貴方の納得の行く条件を探しましょう。

 

非公開求人に興味のある方は無料登録して良い条件を見てみましょう。

 

貴方のワークライフバランス充実の為に好条件で、良い人間関係で、明るく勤務出来る未来を切り開きましょう。

 

非公開求人を見ることが出来る無料会員登録は下記をオススメします。

 

安心・安全な医療系人材紹介会社高満足度が高いと
評判の5社のご紹介です。

 

各紹介会社にはそれぞれ特徴がありますので、全てに登録して貴方の希望に合った求人先を比較検討するのがベストでしょう!

 

 

人材紹介会社を上手に活用するヒケツは!!

万が一、コンサルタントがしつこく希望しない入職先を進めるときは、ハッキリと断りましょう

 

断った就職先から入職の連絡があったりしたら、人材紹介会社に直接連絡して、
他のコンサルタントに変えてもらいましょう!

 

自分の将来が掛かっています、ブレないように!!

 

 

無料で活用できる安心・安全な厚生労働大臣許可の人材紹介会社一覧。

 

 

 

看護師専門人材紹介会社好評ランキング


 

 

【看護のお仕事】

 

【看護のお仕事】は、正看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格を
お持ちの方の転職・復職を無料で支援するサービスです。

 

オススメポイント

 

○ 貴方が生き生きと働ける病院、医療機関をあなたに代わって探します。
●全国対応、1万件以上の求人から貴方にあった求人を紹介します。
(年収・24h託児所・食堂補助など)
●業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数。

 

○ キャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応。無理に転職を勧めることはありません。
●地域ごとに専任のコンサルタント。地域密着型のご提案が可能です。

 

 

○ 全国1万件以上の豊富な案件。
●公式ページで人気の求人Pick Up!欄でチェックしましょう!

 

○ 最大12万円の転職支援金を贈呈します。
●入職が決まったら転職成功で、転職支援金を最大12万円一括支給(2013年12月1日付けで最大5万円から上がりました!)。

 

○ 簡単登録・簡単検索システムです。
●地域・職種・雇用形態・施設形態を入力してカンタン検索!

 

  • 『サービス満足度 No.1』
  • 『コンサルタントの対応満足度 No.1』
  • 『友達に進めたいランキング No.1』

●2013年(株)ネオマーケティング調べにて、三冠を達成しました!

 

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

 

『看護のお仕事派遣』
・職場の内部情報が豊富
人間関係、離職率、雰囲気、評判などの情報が充実しており、
安心して自分に合ったお仕事先を見つけることができます。

 

・看護師さんに代わってコンサルタントが待遇交渉を行なう
時給やシフトの条件など、コンサルタントが看護師さんに代わってお仕事先と交渉します。

 

・徹底したアフターサポート
お仕事を始めた後に出てくる悩みや不安をコンサルタントに相談できます。

 

 

【ナースコンシェルジュ】



 

 

おすすめポイント

 

○ 貴方の条件に合った逆指名を得意とし、看護師さんお一人お一人を大事にします。
●ご登録者様の希望を最大限尊重し、お一人お一人の転職先が決まるまで、
あなたの担当コンサルタントを一人決め、転職先が決まるまで
徹底的にお付き合いさせていただきます。。

 

●まずは、お気軽にお問合せください。
 面談を行う時、私たちは、徹底的なヒアリングを行います。
時間も長くなってしまうかもしれません。
ですがこれはあなたにとって最高の職場をご紹介するために、沢山の情報が必要だからです。

 

●ご紹介を行う前に、面接でお伺いしたあなたの要望と、
紹介先の勤務条件がきちんとマッチングしているか。
私たちは必ず確認を行います。
紹介されて仕事が始まり、「こんなことは聞いてない!」・・・こんなことがないよう、
私たちは紹介先に対しても徹底的なヒアリングを行っています。

 

●ご入職前後もしっかりとしたフォローを心がけています。
労働条件通知書(お仕事をする上での給与、勤務時間、手当などの諸条件を書面にした書類)を
きちんと病院側から提示していただくこと、出勤初日に必要な持ち物の事前確認をすること。
また初日はご一緒に病院に同行し、不安な初日を少しでも安心して迎えられるよう致します。
また入職後も新しい職場で出た疑問や不安点などはお気軽にご相談ください。
病院側との間に立ち、相互理解や調整をしてまいります。
あなたの新職場でのスムーズなお仕事スタートを全面支援して行きます。

 

○ 東京都心にエリアを特化した豊富な案件多数あり,上京を考えている方必見です。

 

○ コンサルタントにノルマはありませんので、あなたの要望に合わない求人はご紹介しません。

 

 

 

100%紹介保証付きの看護師専門転職サイト

 

 

【ナースパワー人材センター】



 

 

おすすめポイント

 

○貴方の希望を充分お聞きし、貴方にあった求人先をご案内します。
ご紹介した求人に面接する・しないは貴方の自由です。

 

○専任スタッフが7,000以上の求人の中から条件にあった求人をご案内します。
ご指定された求人先へ案内する事も可能、ご自身で確認してください。

 

○休日の希望、給与の希望など面接時に交渉しづらい条件もコーデイネーターに
お伝えいただければ面接に同行し、代弁することができます。

 

○辞退する場合も貴方に変わってナースパワーからいたしますので、気軽に受けてください。

 

○求人検索、面接日時の設定をコーデイネーターが行いますので、
就業中で忙しい方も余裕を持って転職活動ができます。

 

 

 

月収45万円以上確実な看護師転職はナースパワーへおまかせ下さい

 

看護師職場イメージのカン違い

看護師の業務内容と職場の実態は、自分で経験した以外の事は
単にイメージでとらえがちです。

 

このイメージでカン違いのまま転職・就職してしまうと後悔します。

多くの看護師さんの転職をサポートしてきたキャリアコンサルタントと、
実際に働いている看護師さんの声から「実態」を知っておくことが大切です。

 


看護師さんの3大カン違いを見てみましょう。

1、「忙しくて、残業が多そう?」

 

しかし、実態は・・・スタッフ増員など病院の努力で減少傾向です。

 

 

2,「育児との両立は難しい?」

 

病院によっては保育所の設置などに力を入れ、スタッフに長く働いてもらう
為のサポートが充実しているところが多くなっています。

 

 

3,「若い看護師さんばかりの職場?」

 

キャリア形成を目指し、中途入職を希望する看護師さんも多く、
子育て支援の充実、残業軽減などにより長く働き続ける看護師さんが増えてきており、
看護師さんの年齢層は幅広くなっています。

 

 

 

 

このような疑問をお持ちの看護師さんへのコンサルタントのアドバイスです。

 

 

最近では、残業を減らす取り組みやコメディカルスタッフとの業務分担が進んでいる病院が多くあります。

 

先入観を捨てて忙しさを正確に確認しましょう。

 

忙しさをイメージするには、

 

オペ数、救急車搬入数、外来患者数、入院患者数、平均在院日数、
看護師配置人数など、客観的な数字を確認することが良いと思います。

 

業務の負荷軽減や、残業時間削減の取り組みは病院により異なりますので、
きちんと調べることが必要です。

 

貴方の希望にあった病院に転職できるよう、コンサルタントが
サポートしてもらえますので、気軽に相談しましょう!

 

 

 

 


キャリアアップを目指して転職を考える看護師

キャリアアップを目指して転職を考える看護師も存在します。

 

 

看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。

 

 

職場によって看護師の行なう仕事は異なるため、自分で自分にピッタリな職場を探すのは大切なことです。

 

 

内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が合うという人も存在するので、意欲的に転職を検討するのもアリかも知れません。

 

 

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが申込りゆうです。

 

 

どうして、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそれほどシンプルなものではありません。

 

 

高収入、休暇が多いといったそうした好待遇にフォーカスするより、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、将来性を連想指せる志願内容が比較的通過しやすいようです。

 

 

看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、今はネットサービスを役立てるのが多数派になってきました。

 

 

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点を生かせば、支払いは発生しませんし、時間や場所を問わず気軽に転職情報を閲覧できます。

 

 

華麗なる転身のためには、多角的に検討するのが鍵ですので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。

 

 

看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。

 

 

面接担当者に嫌われると、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。

 

 

良い雇用環境と思われる仕事場は応募者数も多くなりますから、慢心することなく念入りに用意して面接試験に行くようにして頂戴。

 

 

場に相応しい端正な装いで、イキイキと応対するのがポイントです。

 

 

看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。

 

 

たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、負の動機であった場合、不本意な評価をされかねません。

 

 

それが幾ら事実であろうと真意は胸の内だけでよいので、未来志向であることを印象付ける志望りゆうを告げるようにして下さい。

 

 

看護師でも転職回数が多いとマイナス評価となるのかというと、必ずそうだとは言うことができません。

 

 

自己PRの方法を工夫すれば、経験が豊かで意欲があるといった印象を持って貰えるかも知れません。

 

 

ですが、働いている期間がほんのちょっとの場合には、採用したとしても少ししたらまた辞めてしまうのではないかと思われる可能性が出てきます。

 

 

看護師の人が転職する時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

 

 

ですが、苦しみながら看護師の資格を取ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。

 

 

全く異なる職種だとしても、有利となる職場は多くあります。

 

 

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。

 

 

看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。

 

 

看護職員の価値は市場では依然高いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。

 

 

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、就職情報が活気付いてくるまで経過を見守るのが望ましいです。

 

 

看護師の転職しようとする動機としては、人間関係が上手くいかないことなのが少なくないです。

 

 

女性の多い職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。

 

 

一部には、パワハラやいじめが転職を考える発端となる人も少なくありません。

 

 

辛い環境の中を耐え忍んではたらこうとすると、体調不良になりやすいですので、すぐにでも転職を考えましょう。

 

 

看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、始めにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。

 

 

泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、できればお看取りの場は避けたい等、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。

 

 

看護職員の価値は市場では高い状態なので、不満がたまるような勤め先で我慢して勤める必要はないのです。

 

 

看護専門職が違うしごと先に変わる時

看護専門職が違うしごと先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。

 

 

試験官にマイナス点をつけられると、看護職員不足であるにもかかわらずご縁がなかっ立ということにもなるのです。

 

 

雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことエントリーの数も増えるため、ベストの状態で臨めるよう十分備えて就職面接当日を迎えましょう。

 

 

クリーンな印象のファッションで、イキイキと応対するのがポイントです。

 

 

看護師が転職する際の要領としては、次の職場を探しておいてから辞めるようにした方が良いでしょう。

 

 

それに加え、3ヶ月程を使って注意深く確認して新たなしごとを見つけることを勧めます。

 

 

急いで決めたしごとだと、再び辞めることになる場合もある為、自分の条件に合う職場をしっかりと見つけるようにしましょう。

 

 

そのためには、自分の要望をクリアにしておきましょう。

 

 

看護職の人がジョブチェンジするやり方は、今はネットサービスを役立てるのが大部分となってきました。

 

 

看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、支払いは発生しませんし、時間や場所を問わず気軽に転職情報を検討することも可能です。

 

 

転職活動が実を結ぶようにするには、さまざまな角度から調査することが要となりますので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。

 

 

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係のこじれという人がかなりの数います。

 

 

女の人が多くいるしごとですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。

 

 

一部には、パワハラやいじめが転職を考える訳という人も存在します。

 

 

ひどい環境を我慢してはたらくと、健康を害してしまいますので、すぐに転職した方が良いでしょう。

 

 

それに、結婚する際に転職を検討する看護師も非常に多くいます。

 

 

配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を検討すべきでしょう。

 

 

いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚の際に、時間に融通の利くしごとに転職をすると生活しやすいですね。

 

 

イライラが多くなりがちだと子どもがナカナカできなくなってしまうので、注意しましょう。

 

 

育児のために転職する看護師も少なくありません。

 

 

看護師の場合、特に育児としごとを両立指せることが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いですよね。

 

 

育児の間のみ看護師をお休みするという人も多くいますが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を利用できる別のしごとを探したほうが良いでしょう。

 

 

看護師のためだけの転職ホームページには、祝い金をくれるところがあります。

 

 

転職してお金をうけ取れるなんて嬉しい気持ちになりますよね。

 

 

けれども、祝い金を出して貰うためには条件が大半の場合にありますから、事前にしっかりと確認しておくようにする方が損しませんね。

 

 

また、祝い金を出してくれないところの方がサービスが良い場合も出てきます。

 

 

キャリアアップを目さして転職を考える看護師も世間にはいます。

 

 

スキルを高めることで、収入を増やすこともできるでしょう。

 

 

その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分に合う職場を検討することは必要でしょう。

 

 

内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、進んで転職するのも良いかも知れません。

 

 

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、具体的には1月、6月が御勧めです。

 

 

ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、より良い雇用環境に就くためにも、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。

 

 

緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、あまたの求人オファーが出てくる時機まで控えるのがよいでしょう。

 

 

看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望の訳付けです。

 

 

何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを肯定的な雰囲気で表明するのはたやすくはありません。

 

 

高収入、休暇が多いといった沿うした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、転職の訳に発展的な要素をもたせたものが合格へ近づきやすくなります。

 

 

看護師が転職する要因

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係という人が大変多いです。

 

 

女ばかりの仕事ですし、イライラが多くなりがちであり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。

 

 

その時、パワハラやイジメが転職しようと考える動機となってしまう人もいます。

 

 

辛い環境の中を耐え忍んではたらこうとすると、健康を損ないますから、できるだけ早く転職すべきです。

 

 

結婚のタイミングで転職してしまう看護師もまあまあの数います。

 

 

パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を選択した方がいいでしょう。

 

 

いずれ育児をする気であれば、結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職をしておくと生活に余裕ができるでしょうね。

 

 

イライラが多くなりがちだと妊娠しづらくなるので、注意するようにしてちょうだい。

 

 

看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。

 

 

特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立指せるのが大変なので、夕方までの時間帯のみはたらけたり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。

 

 

育児に専念する間のみ看護師を辞めるという人も多くいますが、お金がなければ子育てに困りますので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を捜したほうが良いでしょう。

 

 

一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。

 

 

面接担当官に悪印象だと、看護スタッフが足りない状況にも関わらず不合格になる可能性があります。

 

 

雇用契約の内容が他よりよければ持ちろんのこと志願者数も多く競争率があがりますので、気を抜かないで万全を期し採用面接にむかうことが大切です。

 

 

クリーンな印象のファッションで、元気にレスポンスすることを心がけてちょうだい。

 

 

よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。

 

 

加えて、3ヶ月程掛けて細心の注意を払って新たな職場を捜しましょう。

 

 

急いで決めた仕事だと、再び辞めることになる場合もあるので、願望した条件を満たす職場を注意深く確認し探すようにしましょう。

 

 

その事から、自分の願望する条件をクリアにしておきましょう。

 

 

もし、看護専門職の人がちがう仕事場に移るなら、ウェブで人材紹介ホームページに入会するのも有効です。

 

 

ナースむけの仕事紹介は、職安や求人雑誌には表に出ていないものも少なくありません。

 

 

ところが、インターネットの看護専門職むけのキャリアサポートサービスだと、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。

 

 

言いにくい待遇などの条件のすり合わせを依頼することも可能です。

 

 

多忙な業務に追われる看護専門職がちがう職場を探す手立てとして、昔とは違って、ウェブを介す方法が大部分となってきました。

 

 

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点をいかせば、無料ですし、どこにいても好きな時に募集案件を検討することも可能です。

 

 

職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、いろんな角度から調査することが要となるでしょうので、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてちょうだい。

 

 

看護師の人が転職する時に、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。

 

 

けれど、一生懸命に看護師の資格を取得した理由ですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。

 

 

全然ちがう職種でも、看護師の資格がプラスに働く仕事は少なくありません。

 

 

頑張って得ることのできた資格ですから、使わないのは損になってしまいます。

 

 

キャリアアップを志して転職する看護師も存在します。

 

 

看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。

 

 

看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分が合うと思える職場を検討することは必要でしょう。

 

 

内科の外来がちょうどだと思う人もいれば、特養が適している人もいるので、進んで転職するのもいいかもしれませんね。

 

 

ナースが仕事を変える時のステップとしては、第一に待遇で何を重視したいのかをリストアップするのがよいでしょう。

 

 

夜間に働くのは避けたい、休暇はしっかりとりたい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、望む職場環境は人それぞれです。

 

 

看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で我慢して勤める必要はないのです。